AUTUMNの花柄

AUTUMUNさんの花柄は、シック・ナチュラル・エスニックがキーワード

割と派手めなものも抵抗なく着ているし、そんな感じが「似合うよね」と言われることも多い。でも、花柄になるとなんだか抵抗がある。人からは意外に思われるんだけれど、おばさんくさくない?と思ってしまう。オシャレで着ているっていうよりマダムっぽい感じ。それでも着てみるんだけど、私大丈夫?なんだか浮いてない?だからクローゼットの奥に眠ってしまう。かといってストールや小物で花柄もいまいちピンとこない。

いつか出会えるのかなあ・・・

花柄は柄の大きさだったり色合いなど、ちょっとしたことが気になって難しく感じてしまいますよね。ちょっと不安になったり。でも、その「ちょっと」が曲者でいつしか苦手意識へ変わってしまうことも。

そうならない為にも、感覚より理論で自分に似合うものや避けるものを知っておくと安心です。なぜなら失敗も減るし、選びやすくなるからです。

 

AUTUMNさんの特徴

黄色味が強く、黒を混ぜ込んだような落ち着いてくすみある色が特徴です。

イメージとしては、秋の収穫の色。熟した果物や大地の色。アースカラー。

都会的で洗練されている、高級感、クラシカル、エスニックといったものがお似合い。

そんな似合うものの幅が広いAUTUMNさんにはこんな花柄がおすすめです。

 

AUTUMNの花柄

・フロッキープリントや刺繡など凹凸のあるもの

・生地の色が濃いのなら、柄も濃い色に。生地と柄のトーンをなるべく同じにするとマダム感は減ります。ただし、薄い色の生地の場合、柄は濃い色でもよいです。薄い色の柄の場合、はっきりしたもののほうがおすすめです。

・柄の大きさは問いません。華やかな印象のあるものを選ばれるとよいでしょう。

・生地の表面がデコボコしていたり厚みがあったりするものにされると更に効果的ですよ。

 

 

パーソナルカラーに合わせて骨格診断をプラスすると、よりあなたらしい選び方がわかります!

パーソナルカラー、骨格診断では「あなたに似合う」を知ることができます。


パーソナルカラーの効果とは

 


骨格診断の効果とは

更に目的やその人の個性を重視した「似合わせだけで終わらない」着こなしをしたい方には、個人スタイリストのカウンセリング&アドバイスのある同行ショッピングがおすすめです!

自己流も良いですが、学んでいるプロに任せてしまう、それが一番良いときも多々ありますよね。

 


同行ショッピングを実際にされた方のご感想はこちらからご覧いただけます。

 

花柄はその時々の流行もありますが、年齢と共に色使いやパッと見た印象など似合うものが変化する柄でもあります。

その年代の花柄を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. スタイルアップ

    似たような靴ばかり選んでしまう。もっと足元を変えたくなったら洋服とリンクさせて

    靴が大好きだった。服に合わせて選ぶのがとても楽しくて、季節が変わるごと…

  2. イベント・セミナー

    所帯じみてる感をもう変えたい!そんな時はアクセサリーを抜かりなく身に着けて

    自分で言うのもなんだけど、同性からは「美人だね」と言われることがある。…

  3. ファッション

    花柄は、似合うものを選ぶとより華やかになります

    花柄のお洋服って、ワンピースやブラウス、スカートなど気になって手に取る…

  4. ファッション

    卒園式、入学式のアクセサリーもマナーを大切にすると素敵です!

    卒園・入学式での服装はフォーマルに上品が基本です。今ですとフォーマルス…

  5. アラフォーファッション

    卒園式は私もかわいくしたい。でもこのスーツが着れない、入らない。

    40歳ギリギリ手前で子供を授かった。結婚も遅くて、子供が欲しく…

  6. スタイルアップ

    セールでがっつりショッピングしたい!でも疲れる割に満足できていない。この違和感を解消する方法

    今朝、夏物セールのCMをぼんやり眺めた。セールかあ。行くのはとても楽し…

  1. ファッション

    骨格診断は思い通りに服が着れなくなった人におすすめです
  2. ファッション

    着回しして賢い私。のはずなのに、朝着たいものがみつからない。着回せる新しい服です…
  3. イベント・セミナー

    お客様の声 クイックカラー診断
  4. ファッション

    薄着になる前にボトムスのコンプレックスをなかったことにしませんか
  5. イベント・セミナー

    6月17日 カラー診断無料体験会、6月18日 無料説明会行います!【同行ショッピ…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。