スタイルアップ

黒い服を普段選ばないのに、どうしても着ないといけない時に押さえたいポイント

昔から黒色は選ばない。リクルートスーツも紺色だったし、今だって冬のブーツ一足しか持っていない。避けているわけではないけれど、何となく目に留まらない。それなのに、娘の習い事で発表会を手伝う時は黒色を着ないといけないらしい。ちょっときれいめでね、だそうだ。

確かに黒は目立たないしキチンと感も出るからいいと思うけれど、普段殆ど身に着けないから困ってしまう。来月には用意しておかないと。友人に借りようかと思ったけれど、もし汚したり何かあったら申し訳ない。それに今年だけじゃないから、ワンコーディネート揃えておけばもう悩まなくて済むし。見に行っても選べるかな?好きじゃないしな・・・と思うと気が進まない。

 

 

気が乗らないと、それだけで面倒になりますよね。ルールは大人だし合わせるべきだとは思うものの、苦手なことや不得意なことを避けたいと思うのは年齢関係なくありますよね。むしろそんな人が大半なのでは。

今回のように黒色ときれいめな格好のドレスコードがあるけれど、不得意な場合。

色が選べない場合、形とディテールで好みを取り入れことをされるのではないでしょうか。それにプラスして、パーソナルカラーや骨格から似合うものを組み合わせるとおすすめです。特にトップスで取り入れるとお顔に近いので効果を発揮しますよ。

似合う色でなかったとしても、素材や胸元の開き具合を気を付けるだけで見え方は変わります。またアクセサリーも活用されるとより違って見えます。表情がいきいきとしたり、パッと華やいで見えたりします。

似合わせは、色だけではないんです。むしろ色って全く重要でなかったりしますよ。

 

パーソナルカラーからの似合わせ

パーソナルカラーでいえば、どのシーズンなのかで似合うがわかります。

SPRINGさんはコットン素材でしっかりしたもの、SUMMERさんはシフォンやレーヨン素材でやわらかいもの、AUTUMNさんはシルクやリネンのように織りの細かいもの、WINTERさんは光沢のある生地で張りのあるものを選ばれるとようでしょう。

 

骨格からの似合わせ

骨格でいえば、上半身がどのタイプかで似合うがわかります。

トップボリュームさんはⅤ開きで直線ラインのようにはりのあるもの、ボトムボリュームさんは胸元の開きは広めで柔らかい感じのもの、ビッグボーンさんは詰まった胸元かボートネックで天然素材を選ばれるとよいでしょう。

 

Rabbit Daily

 

大人になると、その場にふさわしい服装を求められることが増えますよね。どんなシーンでも、あなたの魅力や人となりを最大限見た目で伝えられたら素敵ですよね。

骨格診断とパーソナルカラー診断を組み合わせると、あなたらしさのメゾットが見つかりますよ。

 

メニューはこちらから

お問い合わせはこちらから

関連記事

  1. スタイルアップ

    ビーチリゾートファッション、迷ったときはワンピースを持っていくと便利です

    もうすぐ夏休み、家族旅行の計画はばっちり。久し振りのビーチリゾートだか…

  2. AUTUMNの花柄

    AUTUMUNさんの花柄は、シック・ナチュラル・エスニックがキーワード

    割と派手めなものも抵抗なく着ているし、そんな感じが「似合うよね」と言わ…

  3. スタイルアップ

    新しい仕事に就いたらジャケットがいるけど、自分にフィットしたものが選びたいとき

    今までずっとパートでやっと社員で働けることになった。すごく嬉しい!でも…

  4. スタイルアップ

    髪型を服に合わせて変えたいのに、美容師さんへニュアンスが伝わらないときに見せるもの

    娘と一緒にお買い物することが今の楽しみ。彼女のお気に入りショップでは、…

  5. パーソナルカラー

    パーソナルカラーは年齢で変わっていくものですか?

    「パーソナルカラーは年をとったら変わっていくものですか?」この…

  6. スタイルアップ

    子供と花火大会、私も浴衣がそろそろ着たいけれど昔のものを着まわす?買うべき?

    近くの花火大会、子供が生まれてから毎年見に行くようになった。小さいうち…

  1. スタイルアップ

    仕事で役職はついたけど、気付けば一回り年下の人ばかり。おばさんっていわれたくない…
  2. イベント・セミナー

    所帯じみてる感をもう変えたい!そんな時はアクセサリーを抜かりなく身に着けて
  3. パーソナルカラー

    パートの面接、何を着て行こう?どうせなら印象アップのベストシーズンカラーで臨みま…
  4. イベント・セミナー

    お客様の声 クイックカラー診断
  5. スタイルアップ

    似たような靴ばかり選んでしまう。もっと足元を変えたくなったら洋服とリンクさせて
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。