スタイルアップ

すそ直しが嫌でデニムが履けない、そんな人におすすめテクニックと毎日履きたいデニムに出会う方法

昔からスカートやサルエル、ストレートのボトムスばかり。デニムパンツって実は苦手。だって丈が長いからお直し必須、特にスキニー。

でも本当はデニム好きだし履きたい!けれど背が低いとどうしても裾をカットしないといけないし、なんだか負けた気がして悔しい。小柄だからしょうがないんだけれども。

裾を直さないとはけない、しかもすぐ持ち帰れないし手間もかかりますよね。お買い物をしたらすぐ着たくなりませんか?それができないのはテンション下がってしまうことありますよね。

 

基本的にデニムは長めに作ってあるメーカーが殆どです。そしてどのメーカーも、身長〇センチ/ウエスト〇センチ・・・などモデルがあります。しかも身長は大抵160センチ以上に設定されています。

背の高さがある程度ある人は良いのですが、そうじゃない場合は基本お直しになります。

確かに、裾カットするとその洋服の持つ雰囲気が多少変わる場合があるのも事実です。でもカットしないときれいに着られない、これも事実です。

 

 

タイプ別のアレンジ方法

 

ストレートやサルエルタイプは裾をロールアップするとカットなしで履けますし、ワンウォッシュデニムで大きく曲げる着方もまた流行っていますのでおすすめです。

 

ワイドシルエットは、一折りしても良いものは同じようにしてもいいのですが、裾幅が広いためヒールの靴で合わせても素敵です。チャンキーヒールやウェッジソール、厚底はかかとが太くて安定しますし、ちょっと裾を踏んずけてもパンツに傷がつきにくいです。

 

ただしスキニータイプに関しては、ある程度裾の長さを気にしないと足首でくしゃくしゃっとたまりすぎてしまうとみっともないですよね。

少しくしゃっとさせると足首も細く見えて、またふくらはぎと足首の差がなくなり直線ラインになってすらっとして見えます。ただ、今の流行ではないのでこちらはカットすると良いです。

 

実は、スキニージーンズは背が高かったり足が長い人以外は皆さんカットされることが多いんですよ。

 

切ることで今の流行のバランスや美脚に近づけることを最優先されるからです。洋服はまず綺麗に着ることが大事です!小柄さんや大柄さん関係なく、自分の体形に合わせて着るとスタイルアップやセンス良くおしゃれに見えますよ。

 

それでもカットしたくない!ならば、アンクル丈で代用してしまいましょう。アンクル丈はフルレングスに比べて裾幅が少し広い場合が多いので、試着されるときにチェックしてみましょう。

 

毎日履きたくなるボトムに出会う方法

そんなボトムス選びには、同行ショッピングと骨格診断であなたの理想と体形にぴったり合う一本をおすすめします!

事前のカウンセリングであなたの好みはもちろん「どうしたいのか、なりたいのか」を聞き取りますので、ただ「似合うを押し付ける」ことはありません。勿論、ご購入する必要もありません。

あなたを笑顔にするファッションを見つけるお手伝いになりますように。

 

メニューはこちらから

お申込みはこちら

 

 

 

関連記事

  1. ファッション

    花柄は、似合うものを選ぶとより華やかになります

    花柄のお洋服って、ワンピースやブラウス、スカートなど気になって手に取る…

  2. ファッション

    パーソナルカラーや骨格診断を受けただけで終わっていたら、同行ショッピングでスキルになります。

    昔、パーソナルカラー診断と骨格診断を受けたけれど、自分の好みと違うもの…

  3. アラフォーファッション

    流行っぽく着たいチェック柄。骨格タイプ別、柄の大きさや素材はこんな感じを。

    この間、ネットサーフィンしていたら「女性は40代でガクッと老ける」なん…

  4. お客様の声

    お客様の声 骨格診断

    「ウエストまではまあまあ細いのに、そこから下が太いのはなぜ?」「鎖骨、…

  1. お客様の声

    お客様の声 骨格診断
  2. スタイルアップ

    セールでがっつりショッピングしたい!でも疲れる割に満足できていない。この違和感を…
  3. イベント・セミナー

    所帯じみてる感をもう変えたい!そんな時はアクセサリーを抜かりなく身に着けて
  4. スタイルアップ

    育児も落ち着いてやっと一息つけたけど自分の姿に驚いた。これではいけない、そう思っ…
  5. ファッション

    体形カバーにはシルエットが大切なのです
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。