スタイルアップ

すそ直しが嫌でデニムが履けない、そんな人におすすめテクニックと毎日履きたいデニムに出会う方法

昔からスカートやサルエル、ストレートのボトムスばかり。デニムパンツって実は苦手。だって丈が長いからお直し必須、特にスキニー。

でも本当はデニム好きだし履きたい!けれど背が低いとどうしても裾をカットしないといけないし、なんだか負けた気がして悔しい。小柄だからしょうがないんだけれども。

裾を直さないとはけない、しかもすぐ持ち帰れないし手間もかかりますよね。お買い物をしたらすぐ着たくなりませんか?それができないのはテンション下がってしまうことありますよね。

 

基本的にデニムは長めに作ってあるメーカーが殆どです。そしてどのメーカーも、身長〇センチ/ウエスト〇センチ・・・などモデルがあります。しかも身長は大抵160センチ以上に設定されています。

背の高さがある程度ある人は良いのですが、そうじゃない場合は基本お直しになります。

確かに、裾カットするとその洋服の持つ雰囲気が多少変わる場合があるのも事実です。でもカットしないときれいに着られない、これも事実です。

 

 

タイプ別のアレンジ方法

 

ストレートやサルエルタイプは裾をロールアップするとカットなしで履けますし、ワンウォッシュデニムで大きく曲げる着方もまた流行っていますのでおすすめです。

 

ワイドシルエットは、一折りしても良いものは同じようにしてもいいのですが、裾幅が広いためヒールの靴で合わせても素敵です。チャンキーヒールやウェッジソール、厚底はかかとが太くて安定しますし、ちょっと裾を踏んずけてもパンツに傷がつきにくいです。

 

ただしスキニータイプに関しては、ある程度裾の長さを気にしないと足首でくしゃくしゃっとたまりすぎてしまうとみっともないですよね。

少しくしゃっとさせると足首も細く見えて、またふくらはぎと足首の差がなくなり直線ラインになってすらっとして見えます。ただ、今の流行ではないのでこちらはカットすると良いです。

 

実は、スキニージーンズは背が高かったり足が長い人以外は皆さんカットされることが多いんですよ。

 

切ることで今の流行のバランスや美脚に近づけることを最優先されるからです。洋服はまず綺麗に着ることが大事です!小柄さんや大柄さん関係なく、自分の体形に合わせて着るとスタイルアップやセンス良くおしゃれに見えますよ。

 

それでもカットしたくない!ならば、アンクル丈で代用してしまいましょう。アンクル丈はフルレングスに比べて裾幅が少し広い場合が多いので、試着されるときにチェックしてみましょう。

 

毎日履きたくなるボトムに出会う方法

そんなボトムス選びには、同行ショッピングと骨格診断であなたの理想と体形にぴったり合う一本をおすすめします!

事前のカウンセリングであなたの好みはもちろん「どうしたいのか、なりたいのか」を聞き取りますので、ただ「似合うを押し付ける」ことはありません。勿論、ご購入する必要もありません。

あなたを笑顔にするファッションを見つけるお手伝いになりますように。

 

メニューはこちらから

お申込みはこちら

 

 

 

関連記事

  1. イベント・セミナー

    10月6日、似合うジーンズ講座で日常の着こなしに自信をプラス

    季節の変わり目、そういえば身支度に毎回少し時間がかかってしまう。それで…

  2. SUMMERの花柄

    SUMMERさんの花柄は優しい印象を大切にするとばっちりです!

    ちょっと冒険もしてみたくて、いつもより大胆な柄かな?と思ったけれど合わ…

  3. お客様の声

    私の『似合う』を知る、『避けるべき』を知る、あなたはどちらで楽しく選べますか?

    ひょんなことから苦手になったり、好きになったりしませんか?たとえば…

  4. スタイルアップ

    セールでがっつりショッピングしたい!でも疲れる割に満足できていない。この違和感を解消する方法

    今朝、夏物セールのCMをぼんやり眺めた。セールかあ。行くのはとても楽し…

  5. スタイルアップ

    私の腿は本当の太もも。ヒップよりも目立つ、そんな人はこんなボトムスやコーディネートがおすすめです!

    体を動かすことは好きだけど、スポーツ大好きでも得意でもなかった。それな…

  1. メニュー

    同行ショッピング
  2. ファッション

    パーソナルカラーってこんな効果があるのです
  3. スタイルアップ

    ビーチリゾートファッション、迷ったときはワンピースを持っていくと便利です
  4. 骨格診断

    今のあなたに合ったコーディネートをお伝えしています
  5. スタイルアップ

    黒い服を普段選ばないのに、どうしても着ないといけない時に押さえたいポイント
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。